バストアップサプリ!口コミでオススメのその効果は?写真付きレビュー
*
busuto3

バストが垂れて形が崩れる原因って?


バストが型崩れを起こす原因は、いくつかあります。

いずれにせよ、バストアップは女性ホルモンと深い関係がありますので、
規則正しい生活、偏らない栄養で、女性ホルモンのバランスを整える事が大切になります。
●無理な急激なダイエット
急激な体重減少によりホルモンの分泌が抑えられることがあります。
バストが型崩れを起こす原因には、女性ホルモンはバストと深いかかわりがあります。

栄養が体にきちんと行き渡らないことで、ホルモンの分泌が抑えられる事があります。
無理なダイエットの後、急にバストが小さくなってしまったと言う人も多くいます。

痩せたくても、バストだけは小さくしたくないと言う人は、ダイエット法を見直す必要があります。
●加齢による女性ホルモンの低下、老化による皮膚のたるみ
バストの張りには女性ホルモンが関係しています。
女性ホルモンは20~30代をピークに減少し、加齢と共に分泌量が減ります。

それと同時に、乳房をつり上げる大胸筋、クーパー靭帯、乳腺、皮膚は、年齢を重ねるとことに
よって衰え、バストが下垂します。

女性ホルモンは乳腺の発達に関係し、女性ホルモンの分泌量が減少すれば、皮膚の弾力の元となる
コラーゲンの分布量も低下し、下垂へと繋がっていきます。

乳房の下垂には、女性ホルモンも大きく係ります。
皮膚は乾燥によっても老化しますが、皮膚の乾燥を防ぐ皮脂の分泌量も、女性ホルモンの影響を受け、
20代以降に減少します。

乾燥はコラーゲンとコラーゲンの繊維を支え、肌の弾力を生み出すエラスチンの減少に繋がり、
皮膚も薄くなっていきます。

彼による女性ホルモンの減少を食い止める事はできませんし、誰しも年齢を重ねる事は
止められません。

老化を防いだり、遅くしたりすることは可能です。

乳房の下垂は、乳房をつり下げている大胸筋の衰えによっても起こります。

加齢によって運動量が低下しがちになりますが、筋肉は運動量が減ると鍛えられなくなり、
衰えと繋がっていきます。

バスト周りの筋肉を鍛えることによって、バストの張りを保ち、下垂を防いで行くことができます。
●間違った下着選び
「肉流れ」を起こすようなブラジャーの着け方は、バストを小さくする可能性があります。
間違ったブラ選びは、胸を変形させたり、胸をつぶしてしまい、長時間放置しておくと、
垂れの原因にも繋がります。

表示された数字を当てにし過ぎずに、自分のバストの容量にピッタリと合ったものを選ぶように
することが大切です。

まさに自分にピッタリと合ったものを選ぶようにすることが大切です。
まさに自分にピッタリのブラを選んでいくことにより、形が整うだけでなく、バストも大きくなる
場合もあります。

人間の体は常に微妙に変化していきますから、その時のバストに合わせたブラを選ぶことが重要です。
●妊娠・出産・授乳
女性のバストは本来、赤ちゃんのためのミルクをつくる大切な器官です。
妊娠2ヵ月ころから、女性ホルモンが働いて、乳腺が発達していきます。

出産後に母乳が出るように乳腺がどんどん発達してふくらみ、それに伴ってバストも
グングンと大きくなり、バストは妊娠前の3~4倍の重さにまでになります。

このときの重みに、バストを支えてきた筋肉が耐えられなくなると、下垂に繋がっていきます。

出産後の授乳から断乳までの約1年間間で、乳腺は活動しながらも、少しずつ乳腺脂肪は減り始めていきます。

乳腺が妊娠前の状態に戻るに合わせて、バストも少しずつサイズダウンし、産後1年くらいには、
だいち妊娠前のサイズ程度に落ち着いていきます。

しかし、大きくなった時のバストが、周辺の皮膚を伸ばし過ぎてしまうと、戻りにくくなってしまう
場合もあります。

赤ちゃんの吸われた後に乳腺の中身がなくなり、皮だけのバストになってしまうこともあります。
産後6か月を経過した頃からはケアが必要になります。
●運動などによるバストの揺れ
クーパー靭帯(じんたい)は、乳房の表面と中にある乳腺を繋ぐ吊りケーブルの様な役割を果たしています。

いわばバストの命綱と言えるものなのです。

バストが揺れる度に、クーバー靭帯は少しずつ伸びていきます。
クーパー靭帯は、切れると2度と元には戻りません。
切れると二度と元には元には戻らないそうです。
スポーツなどで、乳房が大きく揺れると、クーパー靭帯が伸び放題になります。

スポーツなどの激しい運動によりい、バストが上下に大きく揺れると、クーパー靭帯が伸び放題に
なったり、クーパー靭帯を切ってしまうことになります。

スポーツブラを着けることにより、スポーツ時に起こる乳房の上下運動を抑えるなどの対策が必須になります。
●骨盤の歪み
骨盤と女性ホルモンは、一見、あまり関係が深いとは思えないこの2つですが、
実は、これらはとても深い関係にあります。

女性ホルモンのエストロゲンは卵巣で作られるのですが、骨盤には子宮を守ると言う大事な
役割があるからです。

骨盤がゆがむと子宮の血管が圧迫されて、卵巣に栄養が届かなくなってしまい、エストロゲンが
分泌されなくなってしまいます。

骨盤に歪みがある人は、「エストロゲンが何と50%ほどしか分泌されない」と言う統計結果も
出ているくらいです。

生理痛も激しくなるようですし、もちろんバストアップにも大きく影響します。

左右のバストの大きさや形が違うのは、骨盤のゆがみや、姿勢の悪さで背骨が曲がったりしている
事が原因であることもあります。
●ストレス
女性ホルモンの分泌は、非常にデリケートになっています。
女性ホルモンの分泌は、脳下垂体にある視床下部で調整されています。

脳下垂体にある視床下部は、ストレスや環境の変化や食生活の乱れなどの影響を強く受けます。

ストレスによりホルモン分泌が抑えられてしまうことがあります。
女性ホルモンが正常に分泌されなければ豊胸エクササイズやマッサージをしても、効果は上がりません。
ストレスは、ホルモンのバランスを崩す原因となり、バストアップの大きな弊害になります。
また、生理不順・生理痛・冷え性・貧血・肌荒れなども、女性ホルモンととても関係の深い症状なので、ホルモンバランスが崩れている事が考えられます。

ストレスは、バストアップのみならず、肌の荒れをはじめ、美容や様々な健康状態にも影響してきます。

ストレスを溜めやすい人は、肌が荒れていたり、バストが小さい人に多かったりします。
豊胸を目指してエクササイズやマッサージをしたりしても効果がないと言う人は、食生活が不規則だったり、ストレスを止めている場合が多かったりします。

日頃の生活の中で、ストレスが溜まらないように、自分なりのストレス解消法を見に着けていくことが大切です。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。