バストアップサプリ!口コミでオススメのその効果は?写真付きレビュー
*
Pain in blades the girl on gray background

肩甲骨を動かすことで女性ホルモンの分泌が促進される


肩甲骨を動かすことで、バスト全体に栄養が行き渡るようになります。血液やリンパがうまく流れるようになります。
乳腺が刺激され、女性ホルモンが分泌が活発になります。
生理前の不快な症状やつらさからも開放されるようになります
肩甲骨を動かしていくだけで、女性ホルモンが分泌が活発になり、上向きのお椀型の美しいバストをつくることができます。
逆の肩甲骨の動きがサビき、固まってしまっていると、女性ホルモンの分泌も活性化されなくなります。
このことはバストの形に影響を与えます。
あお向けに寝ても肩がつかない、肩が浮いてきているというのは、肩甲骨周りに肉がつき過ぎた、肩甲骨が開きっ放しの人に見られます。
肩甲骨が前に歪み、どちらかと言うと姿勢が前のめりで、猫背の人に多く見られます。
このため、バストの位置が下がり、垂れやすい傾向にあります。
ボワ~ンと締まりのないバストに、脇や二の腕もボタついて来ます。
サビついてしまった肩甲骨を動かし、肩甲骨を本来あるべき位置に戻すことによって、アンダーは2㎝弱減り、トップバストは3㎝アップし、これだけでワンカップ以上もバストが豊かにすることができたという人もいます。
逆にあお向けに寝た時、肩だけはバッチリ着くけど、背骨が浮くような人は閉まり気味の人です。
どちらかと言うと上半身が反り返った姿勢の、いかり肩タイプの人に多く見られます。
筋肉は緊張したままで、肩の筋肉が硬くなり、肩コリや首コリに悩まされたりする人も多くいます。
血行が悪いので、胸に栄養がいかず、しぼんで固まったようなバストの、貧乳の人に多く見られます。
こんな人は胸の外側の筋肉を緩め、肩甲骨が開くようにすることで、トップバストは3㎝弱アップさせることができます。
アンダーはほとんどそのままか5㎜弱程度増え、あばら骨が見えていたような人の場合、あばら骨も目立たなくなります。
トップからアンダーを差し引いて、ちょうどワンカップ分サイズアップすることができます。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。