バストアップサプリ!口コミでオススメのその効果は?写真付きレビュー
*
busut14

バストアップするツボで胸にハリを持たせよう


バストアップに重要なのは、バストの重みを支えている大胸筋と、女性ホルモン分泌に関与する「乳腺」です。
バストアップには、リンパの流れをよくし、女性ホルモンを活性化することが効果的です。
マッサージをする際には、乳腺を意識するほか、ツボを押さえて行うと効果的です。
小さい胸に、本気で豊胸手術を考えていた人も、ツボを押さえたマッサージにより、手術しないでも、満足できる大きさになったという人もいます。
ただし、妊娠中や、体調がよくないときや飲酒後には、こうしたツボ刺激は避けるようにします。
バストアップに効果的なツボは結構ありますが、その中でも壇中(だんちゅう)、天渓(てんけい)はバストアップには欠かせないツボのひとつです。
バストアップに効果のあるツボを、いくつかご紹介します。

●壇中(だんちゅう)
左右の乳首を結んだちょうど真ん中にあるツボです。
女性ホルモンの働きを促してくれるツボで、バストアップに効果があるだけでなく、肌を美しくします。
[押し方]そこに両手の中指・人差し指・薬指を当てて、ゆっくりと力を加えて押します。押すとやや痛みを感じる所ですので、あまり痛くない程度に推します。
●天渓(てんけい)
バストと胸部の境目、乳房のサイド(脇)のツボです。
両乳首を横に結んだラインの沿線上に、左右あります。
乳腺を発達させるツボで、ここへの刺激は、バストラインを整え、ボリュームアップが期待できます。
[押し方]押すとやや痛みが走ることがあります。4本指でバストを持ち上げるようにして、親指で内側に向かって、ゆっくり
ゆっくりマッサージするように押します。左右同時に行います。

●神封 ( しんぷう)
両胸の間の真ん中よりやや乳房寄り、乳首の延長線上より少し下側、第4肋骨に位置するツボです。
両乳首を横に結んだ真ん中から2~3cm下に指をズラしたところにある、骨と骨の間にポっと凹んでいる所が神封です。
神封は母乳の出をよくするためのツボと言われています。
女性ホルモンの分泌を促し、バストアップかつハリのある、形のいいバストを保つ効果があるとされています。
[押し方]人差し指・中指・薬指の3本の指を使って、左右のツボを両手で同時に押します。

●乳根(にゅうこん)

乳首から指2本分ぐらい真下、第五肋骨間にあるツボです。
母乳の出を良くしてくれるツボと言われていますので、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌や、リンパの流れが促されるため、バストアップに効果があるとされています。
[押し方]ツボを指で3秒押し、ゆっくり離すというのを5回程度くり返します。
●中府(ちゅうふ)

左図鎖骨の両端の下の窪みから2㎝くらい下、親指(親指で押したときの指の先の幅)1つ分下にあるツボです。
大胸筋付近のリンパの流れを促進します。呼吸器系の風邪等によいとされているツボですが、リンパの流れがよくなるので、バストアップに効果があるとされています。
[押し方] 親指で、ゆっくりと押します。

●渕腋(えんえき)

右図両乳首のだいたい10cmくらい外側の脇の下にあり、 血行促進の効果があり、バストの張りがよくなります。
肌にもハリが出ます。また、姿勢矯正にも役立つツボとさとされています。
[押し方]軽く押してみると、けっこう痛みを感じたりする場所です。親指でゆっくりと左右同時に押します。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。